本文へスキップ

極細銀針経絡鍼灸で難病:パーキンソン・うつ病・神経麻痺も対応!

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0120-213-978 

会社設立秘話


 
 「人生の大きな転機」

 私は、父が経営する平井鍼灸院の長女として生まれました。毎日朝5時から患者さんが 並ぶほどの繁盛鍼灸医院でした。
 私は、身近で東洋医学を見ながら 東洋医学のすばらしさ そして 父の偉大さに 気づくことなく育てられてきました。今思うと何不自由なく育てられたお嬢様でした。

 父に言われるがまま、薬剤師免許をとり、その後、鍼灸院が継げるようにと、鍼灸師免許も取りました。父親のレール上に 乗せられ 今の私 薬剤師、鍼灸師としての清水良子が、生まれました。私は、平井鍼灸の隣に薬局を開設しました。薬局の経営も父の鍼灸院の集客により順調に売り上げを 伸ばしておりました。

 それから数年後、突然 人生の大転機を迎えたのです。それが父の死でした。今になって悔やまれますが、生きているうちに もっと東洋医学を 教えてもらっていたらと 思います。
 私は この時が くるまで西洋医学に直せないものはない。東洋医学は 西洋医学より劣っているという考えを持っていました。それゆえ私は、父の東洋医学に興味が持てませんでした。父のいなくなった後、薬局・鍼灸院の売り上げは、10だったものが 1になったのです。それから毎日苦悩の日々が続きました。どうすれば、今までの売上げを作れるか。毎日、患者さんのいない店で 父と私の違いを1つずつ 考えていました。
 
 父の死が、西洋医学一辺倒だった私を東洋医学の可能性に、真正面から 目覚めさせてくれました。それから私は、東洋医学(漢方薬・鍼灸学)をもう一度学び直して 患者さんを どのように笑顔にさせられるかを 2年がかりで真剣に習得しました。
 そして気づいたのです。

 がむしゃらに売り上げを求めるのではなく、お客様をどのように満足させられるかが重要でありこの基本的考えを貫けば 必ず 売り上げがついてくるという事です。父のお客さんが 帰り際に心の底から「ありがとうございました」と感謝の気持ちを言われる意味を 知りました。
 父は、まず患者さんの苦痛・苦悩を取り除くことを心の底から願い、治ったときには、自分の事のように喜んでお客様に接していたからです。私は、そのことにきづき 昔のように活気ある鍼灸院を取り戻せました。

「美顔鍼灸と出会い」

 数年前に私は、アメリカやヨーロッパの セレブの間で副作用が少なく、すばやい効果が出せると話題になっている美容鍼灸、特に美顔鍼灸が 流行している事を知りました。

 今まで鍼灸と漢方は、病気を治すもので 美容には 関係がないものだと 思っていました。それが、外資系化粧品会社に勤めている患者さんが、肩こり治療中に「年齢とともに変化するのは自然現象とあきらめて受け止めていますが、先生もう一度自分をリセットしたいものです。」という声をかけられ、美顔鍼灸で彼女の夢を かなえられると思い施術させていただきました。化粧品の仕事に携わっている彼女は、海外で美顔鍼灸が流行していることを 知っていたのです。すごく興味を示していただき施術をしていただきました。
一回・二回の施術で はっきり効果が出てきました。
 そしてこのとき私は、患者さんの病気を 治せたときの喜びと彼女の美顔の喜びが同じである事に気づきました。
 
 あるとき、テレビを つけるとテレビショピングの番組内で化粧品を 販売していました。私はそのとき考えました美顔鍼灸を利用した経穴マッサージと漢方配合のマッサージクリームを販売できたら、今以上の方に 喜びを与える手助けができるのではと 考えたのです。
 でも私が 考える漢方配合のマッサージクリームは 市場には出ていないし 経穴マッサージを映像にする技術もわかりませんでした。でも、この思いは日ごとに大きくなり、多くの方から助けていただき、会社を設立して 本格的に化粧品開発することになったのです。

 そして、日々の美顔鍼灸施術を 行なう中で感じたことが、次の言葉です。

 「どの年代の方でも常にワクワクした人生であれば、明るくて若々しいものなのです。」





清水良子院長
薬剤師・鍼灸師・マッサージ師
清水良子院長

城西大学薬学部卒
中和医療専門学校卒

30年以上の実務経験 

三重本店・東京銀座店・滋賀長浜店と経営する中、母校の中和医療特別講師として鍼灸師を育成

経絡治療

麗顔

温灸

東洋医療株式会社
平井鍼灸療院 平井薬局

〒510-1234
三重県三重郡菰野町福村94-1
TEL.0120-213-978


東京銀座店


長浜店