本文へスキップ

極細銀針経絡鍼灸で難病:パーキンソン・うつ病・神経麻痺も対応!

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0120-213-978 

鍼灸・漢方について


 
 東洋医学そのなかの鍼灸・漢方について、説明させていただきます。

何千年も前のわれわれの祖先は、頭痛や、腹痛のときに どのように 直してきたのでしょうか。昔の人は、現在のようにお薬もなく お医者さんも いませんでした。
そこで生まれたのが、経穴(けいけつ)と呼ばれる体のポイント一般的にツボと呼ばれるところです。
 
 昔の人は、日々の生活の中での経験から ツボを おさえることにより何らかの効果が出ることを おぼえていったのです。現代人もごく一部ですが、生まれながらに受け継がれているのです。みなさんも、ちょっと思い浮かべてください。パソコンの使いすぎで 目が疲れたとき 誰でも普通に右手の親指と人差し指で 両目の眉頭横を つまんだことがあると思います。このポイントが、東洋医学において清明(せいめい)という経穴なのです。目の疲労に効くとされています。
 
 また漢方薬も同じく 野に咲く花や草を 昔の人が 食べたり 体に塗ったりしたら 痛みが抑えられたという経験から生まれたものなのです。ご存知でしょうか、世界の一流製薬会社がアマゾンの原住民(シャーマン)の知恵を利用して 新薬製造を していることを。アマゾンの原住民は 病気の治療に 自然の中に生息している草木を使って 直しているのです。
 
 皆さんは、統合医療という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。がんの治療や糖尿病などの治療に近代西洋医学と代替医療(東洋医学の鍼灸・漢方薬など)二本柱で治療を考えるというのが、統合医療です。統合医療は、近代西洋医学を中心として、代替医療を統合し、患者中心の医療を推進しながら 疾病予防に努め、健康増進に寄与しようとするものです。





清水良子院長
薬剤師・鍼灸師・マッサージ師
清水良子院長

城西大学薬学部卒
中和医療専門学校卒

30年以上の実務経験 

三重本店・東京銀座店・滋賀長浜店と経営する中、母校の中和医療特別講師として鍼灸師を育成

経絡治療

麗顔

温灸

東洋医療株式会社
平井鍼灸療院 平井薬局

〒510-1234
三重県三重郡菰野町福村94-1
TEL.0120-213-978


東京銀座店


長浜店